更年期障害という病気について

皆さんは更年期障害という言葉を聞いたことがありますか。私は、何度も聞いたことがありますし、自分でもよく言っています。現代、この病気は多くの大人の悩みの一つとなっています。ですから、この文章では、更年期障害という病気について書いていきたいと思います。そもそも、更年期障害とは何なのでしょうか。この病気は「更年期」、つまり性成熟期間から生殖不能期へ移行する40~50代の方に多く、この時期に自立神経症状と、精神症状が相互に関係し合っておこります。私は、42歳ごろからこの病気の症状が出始めました。では、症状はどんなものがあるのでしょうか。自律神経の異常としておこるのは、ホットフラッシュや発汗などが挙げられます。